再エネ100宣言 RE Action

NEWS

イベントのお知らせ 2021年度

再エネ100宣言 RE Actionが主催・登壇・協力するイベントのお知らせです。

●11/10 第38回太陽光発電シンポジウム「~太陽光発電で脱炭素社会の実現を~」
日時 : 2021年11月10日(水)~11日(木)10:00~17:00 (予定)
開催方法 : Zoomを使ったオンライン配信セミナー
主催 : 一般社団法人 太陽光発電協会
申込み : JPEAのHPよりお申し込みください。
     URL: https://www.jpea.gr.jp/document/handout/event/symposium/
参加費 : 無料
定員 : 各日500名  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

●11/8 公益財団法人長野県テクノ財団他主催「中小企業にも求められる脱炭素経営」セミナー
https://www.tech.or.jp/ina/seminar/post-75/
日 程   11月8日(月) 14:00~16:00(受付13:30~)
場 所    Zoomウェビナーによるオンライン配信
演 題   「中小企業にも求められる脱炭素経営」
講 師    合同会社SECA(エスイーシーエー)代表 則武祐二氏(再エネ100宣言 RE Action協議会委員)
内 容  
         ① 気候変動対策に対する政府・投資家の変化
         ② 企業の行動変化(TCFD対応等)
         ③ サプライチェーンへの再エネ活用要求の拡大
         ④ 中小企業の再エネ100活動の事例紹介
         ⑤ 資源循環も脱炭素社会形成に不可欠に
定 員    30名
申込締切  令和3年10月29日(金)
主 催 世界一を目指し行動する上伊那地域企業の会 未来経営部会
      公益財団法人長野県テクノ財団 伊那テクノバレー地域センター
共 催 伊那テクノバレー・リサイクルシステム研究会

●10/29 ビーワイディー ジャパン株式会社主催「WEB 毎日セミナー」
10月29日(金) 14時から15時30分
Zoomによるオンラインセミナー
講師 芙蓉総合リース株式会社(再エネ100宣言 RE Action協議会委員)
対象 EVバスをはじめとするEVをご検討されている企業・自治体様

●10/13「気候変動アクション日本サミット2021」
 https://japanclimate.org/news-topics/jcas2021/
エコワークス社、千葉商科大が登壇します。

日時:2021年10月13日(水) 14:00~18:00
開催形式:Zoomウェビナーによるオンライン参加/日英同時通訳あり
主催:気候変動イニシアティブ(Japan Climate Initiative; JCI)
【プログラム】(2021年9月7日現在。変更の可能性あり。敬称略)
パネルディスカッション「気候変動アクション最前線2021」 (50音順)
<セッション1 Race to Zero>
小川 謙司 東京都環境局 地球環境エネルギー部長
小山 貴史 エコワークス株式会社 代表取締役社長
林 寿和 ニッセイアセットマネジメント株式会社 ESG推進部 チーフ・アナリスト
福本 ともみ サントリーホールディングス株式会社 執行役員 サステナビリティ経営推進本部長 ほか
モデレーター:西田 裕子 自然エネルギー財団 シニアマネージャー(気候変動)
<セッション2 気候危機への新たな挑戦>
花本 和弦 日清食品ホールディングス株式会社 広報部 サステナビリティ推進室室長
宮田 千夏子 ANAホールディングス株式会社 執行役員 サステナビリティ推進部長 ほか
モデレーター:高瀬 香絵 CDP Worldwide-Japan アソシエイト・ディレクター
<セッション3 変革をめざすマルチセクター>
浅井 伸行 創価学会平和委員会 事務局長
ナイハード 海音 Youth For One Earth
村上 千里 公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 環境委員長
京都市(調整中) ほか
モデレーター:田中 健 WWFジャパン 気候・エネルギーグループオフィサー(非国家アクター連携担当)
<トップリーダーセッション> (50音順)
モデレーター 国谷 裕子 キャスター
呉 文 繍 国際航業株式会社 代表取締役会長
菅野 暁 アセットマネジメントOne株式会社 取締役社長
西本 利一 東京製鐵株式会社 代表取締役社長
原科 幸彦 千葉商科大学 学長

●10/8『電気自動車と脱炭素交通テーマ』事例発表&ミートアップ

〇日時 10/8(金) 15:00-16:50 Zoomにて
〇プログラム
<第1部>
アスクル株式会社(電気自動車のトライアルについて) 25分
 コーポレート本部 コーポレートコミュニケーション サステナビリティ/環境 部長 東 俊一郎氏
株式会社REXEV(小田原市や加賀市の脱炭素交通の実装 等) 25分
 代表取締役社長 渡部 健氏
GCストーリー株式会社(ソーラーパーキングについて) 15分
 ソーシャルエネテック事業部 井上 達陽氏
再エネ100宣言の地方公共団体よりコメント 5分(調整中)
質疑 15分

<第2部>
ミートアップ(講演団体との意見交換) 15分 合計100分
〇申し込み 事務局までメールでお送りください。参加用URLをお送 りします。
〇参加団体・アンバサダーは、再エネ100宣言 RE Actionに興味のある
お知り合いの企業・団体の方などをご招待頂けます。
(5団体位まで、行政の方は20団体位まで)
〇対象団体 再エネ100宣言 RE Action参加団体、アンバサダー団体
グリーン購入ネットワーク(GPN)会員 JCLP会員

10/8『電気自動車と脱炭素交通テーマ』事例発表&ミートアップを開催します

●10/4 環境省『自家消費型太陽光発電設備の導入に関するオンラインセミナー』

アンバサダーの大阪府が登壇します。

◇日時:令和3年10月4日(月)15:00~17:30
◇場所:オンライン( Zoom Webinarによる配信)
◇参加費:無料
◇申込方法:環境省ホームページから事務局へメールにてお申込みください。
 (申込締切)10月1日(金)12時まで
  http://www.env.go.jp/press/109995.html

●10/1 経済産業省 地域プラットフォーム構築事業 脱炭素経営 省エネ実践セミナー
 http://eecp.or.jp/20211001_pf_semi/

主催:一般社団法人環境省エネ推進研究所
共催:群馬県、群馬県地球温暖化防止活動推進センター
会場:群馬県公社総合ビル1F西研修室 (群馬県前橋市大渡町1丁目10-7)
日時:2021.10.1(金) 13:30~15:30
定員:30名(先着順)
講演内容
(1)群馬県から考えるSDGsと脱炭素経営
  SDGsぐんま連絡会議 代表 片亀 光
(2)脱炭素経営の意義と再エネ100%への挑戦
  再エネ100宣言 RE Action事務局 金子貴代
(3)きっかけは省エネ診断から
  一般社団法人 環境省エネ推進研究所 外部専門家 石川智治
(4)省エネ補助金の最新情報
  一般社団法人 環境省エネ推進研究所 理事 品田秋成

●9/2 株式会社ウェイストボックス【セミナー情報】
「カーボンニュートラル/SDGs KPIの設定 最新動向説明会」
https://jmaqa.jma.or.jp/seminar.html

●8/25 行政向け「再エネ普及のための意見交換会」

再エネ100宣言 RE Actionは、8月25日に、再エネ100宣言 RE Action 行政向け
「再エネ普及のための意見交換会」を開催しました。
15団体21名にご参加いただきました。

〇日時:8月25日(水)10:00-12:00
〇内容:
事例1 京都市(再エネの共同調達や、PPAマッチングの事例 他)
    環境政策局 地球温暖化対策室 近藤 亮太氏
事例2 鳥取県(多くの方と取り組む普及活動)
    生活環境部 脱炭素社会推進課 新エネルギー担当 中原 広和氏
アンバサダーと参加団体へのアンケート結果報告(事務局から)
参加団体からのコメント、意見交換

再エネ100宣言 RE Actionの【参加団体の行政、アンバサダー団体】には
当日の資料を共有しています。
(ご希望の方は、事務局までメールにてご連絡ください。)

●8/20 千葉商科大主催 CUC公開講座2021<第4回>「自然エネルギーを通じた地域価値の創造」

【日時】 2021年8月20日(金)15:30~17:30(開場15:20~)
【登壇者】
原科幸彦学長
星野智子 氏(環境パートナーシップ会議副代表理事)
手嶋進(基盤教育機構准教授)
中山琢夫(基盤教育機構専任講師)
田中信一郎(基盤教育機構准教授)
水出翔(商経学部経済学科2年/学生団体SONE)
【実施方法】 オンライン(ZOOM)
【申込方法】 下記詳細ページよりご確認の上、お申込みをお願い致します。
  https://www.cuc.ac.jp/event/2021/koza_project.html
【問い合わせ先】学長事務室 [Email] p-office@cuc.ac.jp

●8/5 環境ビジネス・フォーラム 工場・ビル・施設の脱炭素化のメリットを徹底解説

登録無料。ぜひご参加ください。
時間:13時30分~17時、定員は450名。申し込み受付は8月2日まで。
https://kankyo-business.jp/event/detail.php?id=580
【登壇者】
 国際大学副学長・大学院国際経営学研究科教授 橘川 武郎 氏
 NTTファシリティーズ カスタマーソリューション本部
 馬場﨑 忠利氏、望月 利英氏
 再エネ100宣言 RE Action 事務局 金子貴代 氏
 環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 課長補佐(統括) 岸 雅明 氏


約500名の方に視聴頂きました。ありがとうございました。

●8/4 みんな電力㈱主催ウェビナー「成長戦略としての脱炭素経営 〜日清食品・カシオ計算機にいま学ぶロードマップ策定と再エネ活用〜」
 https://minden.co.jp/blog/2021/07/12/4509
日時 2021年8月4日(水) 16:00~17:20
先進的な脱炭素経営で知られる日清食品ホールディングス、カシオ計算機、
日本で唯一の「CDP気候変動コンサルティングパートナー」であるウェイストボックスを
お招きし、最先端の脱炭素経営の現状と課題、経営戦略の中の脱炭素の位置付け、具体的なロードマップ策定方法をご紹介。

●7/29 8/6 さいたま市主催 オンラインセミナー 「さいたま再エネプロジェクト~選ぼう、再エネ~」

https://www.city.saitama.jp/006/014/008/003/010/004/p082457.html
1.再エネ導入の意義やメリット
さいたま市環境創造政策課
2.再エネ導入促進「さいたま再エネプロジェクト」の概要について
株式会社エナーバンク(さいたま再エネプロジェクト事務局)

●7/29 10:30~ OSAKAゼロカーボンファウンデーション 1st.シンポジウム

リマテックHD株式会社と大阪府にて設立したOSAKAゼロカーボンファウンデーション。
申し込み不要、無料で視聴可能です。

【YouTube配信URL】https://youtu.be/3F7uYXehrUU

【式典「1st.シンポジウム」内容】

<挨拶>・リマテックホールディングス株式会社代表取締役社長田中靖訓
・大阪府知事 吉村洋文(ビデオ出演)
・大阪府議会議長 鈴木憲(ビデオ出演)
・岸和田市長 永野耕平
<講演>登壇者:東京都市大学教授 伊坪徳宏
<パネルディスカッション>『大阪における脱炭素社会の実現にむけて』
(モデレーター)
・東京都市大学教授 伊坪徳宏
(パネリスト)
・リマテックホールディングス株式会社代表取締役社長 田中靖訓
・関西電力株式会社ソリューション本部開発部門ゼロカーボンソリューショングループ部長 寺田明伸
・大和ハウス工業株式会社環境部 長小山勝弘
・大阪府環境農林水産部副理事 岡野春樹
・岸和田市長 永野耕平

●7/21 13;30-15:00 地域活性エネルギーリンク主催 第十一回地域活性WEBセミナー

政府が決めた「地域主導の脱炭素」で様変わりする再生エネ発電
~爆発的に増える自家消費型太陽光発電(PPA)への具体的対応法
 参加団体の株式会社デンケン 常務取締役 山野氏が講演します.

●7月9日(金)大阪府・大阪市主催『再エネ100%電力利用セミナー ~誰でも手軽にできるゼロカーボン経営~』

本セミナーでは、CO2を排出しない「地球にやさしい再エネ100%電力」に切替えることで、
手軽にカーボンニュートラルを実現できる取組みなどをご紹介します。
・日時:令和3年7月9日(金)14:00~16:30
・場所:WEB開催
・参加費:無料
・主催:おおさかスマートエネルギーセンター(大阪府・大阪市)
・対象:大阪府内の事業者・団体等(個人事業主を含む)
・申込方法:セミナー参加申込みフォームよりお申込みください。
(申込締切)7月6日(火)17時まで
 https://www.shinsei.pref.osaka.lg.jp/ers/input?tetudukiId=2021050062
・詳しくはこちら:https://www.pref.osaka.lg.jp/eneseisaku/circulation/seminar_info.html
・お問合せ
大阪府環境農林水産部 エネルギー政策課内
おおさかスマートエネルギーセンター

●6月4日(金) 「気候非常事態とカーボンニュートラル」サミット
https://www.zeri.jp/cen/news/2021/05/12/1047/
プログラム (登壇者 敬称略)
日時: 2021年6月4日(金)10:00~17:00
場所: 東京商工会議所 渋沢ホール ※オンライン開催のため、入場不可
10:00 開会 司会 エムシープランニング 代表 薄羽 美江
10:05 開会挨拶 東京大学 名誉教授 山本 良一
【第一部 基調報告】
1.CEN活動報告 ゼリ・ジャパン 事務局長 竹内 光男
2.国・地方脱炭素実現会議について 環境省 事務次官 中井 徳太郎
3.水素社会の実現に向けた経済産業省の取組について 経産省 資源エネルギー庁 新エネルギーシステム課長 白井 俊行
4.ビデオメッセージ 東京都 知事 小池 百合子
5.CEN方針及び特別講演ご紹介 ゼリ・ジャパン 理事長 更家 悠介
6.特別記念講演「渋澤栄一に学ぶSDGs」 シブサワ・アンド・カンパニー 代表取締役 渋澤 健
【第二部 発表】企業のカーボンニュートラルのアクションプラン 他
■お問合せ:特定非営利活動法人 ゼリ・ジャパン
CEN気候非常事態ネットワーク事務局

●5月21日(金)~ CUC公開講座2021
https://www.cuc.ac.jp/event/2021/koza_project.html

第4回 自然エネルギーを通じた地域価値の創造
8月20日(金) 15:30~17:30
原科幸彦 学長(社会学、環境計画・政策)
星野智子 氏(環境パートナーシップ会議副代表理事)
手嶋進(千葉商科大学基盤教育機構准教授)
中山琢夫(千葉商科大学基盤教育機構専任講師)
田中信一郎(千葉商科大学基盤教育機構准教授)

第8回 ゼロカーボン社会を担う人材の育成
2022年1月21日(金) 15:30~17:30
原科幸彦 学長(社会学、環境計画・政策)
杉本卓也(千葉商科大学政策情報学部准教授)
田中信一郎(千葉商科大学基盤教育機構准教授)
学生団体SONE

●5月13日 JCLP主催【テナントの再エネ調達に関わる説明会】

従来、電力契約は、ビルオーナーと電力会社にて締結される事例が多く、テナント企業は再エネ電力メニュー等の選択が困難な状況でした。再エネ属性の受渡し方法やRE100要件への適合など、整理すべき課題も残っていました。このような状況を受け、JCLP正会員にて調査、議論を進め、「再エネ属性を有する電力の受渡しに関する覚書(ひな型)」を作成いたしましたので、皆様に共有、説明する場を設けさせて頂きます。
以下日程にて、説明会を開催しますので、関心のある方はご参加頂けますと幸いです。

【開催概要】
・日時:5月13日(木)15時00分~16時00分
・場所:オンライン開催(後日、Zoomリンクをお送り致します。)
・内容:背景及び概要の説明、テナント-オーナー間の覚書(ひな型)利用方法の説明、質疑応答
・対象者:JCLP正会員、賛助会員、再エネ100宣言 RE Action参加団体(参加が難しい方向けに録画を予定)
・主催 JCLP
・お申込:こちら にご記入ください。
https://japan-clp.jp/event210513
 ※お申込みがない場合、Zoomアドレスは送付されません。
・〆切: 5月10日(月)

●4月22日 地域活性エネルギーリンク協議会主催 地域経済に貢献する再生エネ発電プロジェクトについて
1.日時 4月22日(木)13:30~15:00
2.内容 地域経済に貢献する再生エネ発電プロジェクトについて
・地域貢献型洋上風力発電のあり方(30分)
  講師:弘前大学地域戦略研究所 所長 本田明弘 氏  
・地域経済循環型PPA、LED’Sの取り組み(30分)
  講師:株式会社アズマ 代表取締役社長 中島一嘉 氏
・質疑:30分
3.申込方法 以下の内容を記載し20日(火)までにメールにて申込み
(1)所属(2)氏名(3)電話番号(4)メールアドレス
地域活性エネルギーリンク協議会事務局(株式会社シード・プランニング内)
尾形宛

■2020年度 イベント情報はこちら 
■2019年度 イベント情報はこちら