再エネ100宣言 RE Action

よくある質問

よくある質問をまとめます

①オフィスが賃貸契約なので(オーナーが電力契約者となっており)、電力会社を選べません。

グリーン電力に関する証書を利用すれば再エネ利用となりますのでご活用をご検討ください。電力の購入者が使用できる証書にはいくつか種類がありますので販売者へご相談ください。

②太陽光発電設備を自社で持っています。これは再エネ電力に計上できますか。

太陽光発電の電力を自家消費している場合は計上できます。FIT(固定価格買取制度)等で売電したものは環境価値を手放しているため、計上できません。

③電力会社からの説明で、再エネを使用している電力だと聞いています。再エネと計上できますか。

FIT(固定価格買取制度)再エネ電力の場合は、環境価値がない場合があるのでご注意ください。環境価値がない場合は計上できません。契約書や提案書、電源構成をご確認ください。

④再エネ100宣言 RE Actionの再エネとして計上できる取り組みについて教えてください。

1.敷地内 自家発電にて自ら使用
2.敷地内 他者発電にて自ら使用(PPA)
3.敷地外 自家発電にて自ら使用(自営線/自己託送)
4.敷地外 他者発電にて自ら使用(オフサイトPPA)
5.電力小売会社からの再エネ電力購入
6.再エネ証書を購入(J-クレジット、グリーン電力証書、トラッキング付き非化石証書)
7.テナントオーナーが再エネ電力を契約しているケース などがあります。
こちらの資料(PDF)を参考にしてください。

⑤参加申し込みから参加承認までどのくらいの時間がかかりますか。

申し込みいただいてから参加まで、1週間程度の手続き期間をいただきます。業務内容(主な収入源が、発電及び発電関連事業など)によってはご参加いただけないケースがございます。
参加申込書のダウンロードはこちらです
 手続きフロー
  1.(参加団体)規約の確認、参加申込書の提出(メール可)
  2.(参加団体)参加団体のロゴデータの送付(ウェブサイト掲載用)
  3.(事務局)申し込み内容の確認後、参加可否のメールご連絡
  4.(事務局)ウェブサイトへの参加団体名、再エネ目標の掲載
  5.(事務局)参加費の御請求書の送付(郵送)
  6.(参加団体)参加費のお支払い

⑥連絡先、担当者に変更があります。

【変更届出フォーム】からご連絡ください。メールでのご連絡でも結構です。また、【お問い合わせフォーム】からのご連絡でも受付け致します。

⑦使用電力が再エネ100%になっていない場合は参加できないのでしょうか。

これから再エネ導入を始める場合でも、もちろん参加できます。再エネ100宣言 RE Actionへの参加により、再エネに関する情報が入手しやすくなったり、参加団体間のネットワークを構築したりすることが期待できます。具体的な達成時期を目標に掲げ、再エネ100%達成を目指すことが具体的な取り組みにつながります。

⑧再エネ100宣言 RE Action参加で使用できる補助制度などはありますか。

行政による再エネ補助事業等はこちらからご覧ください(主にアンバサダーの事業をまとめています)。再エネ100宣言 RE Action参加により優遇措置があるものもございます。 https://saiene.jp/ambassador#support



お問い合わせの際はウェブサイトの【お問い合わせフォーム】より入力してください。スタッフがご回答いたします。